Mographで時間オフセット表現を使う際に忘れがちな事 | TAKAYUKI YOSHIDA

Mographで時間オフセット表現を使う際に忘れがちな事

備忘録。

 

Mographで複製したオブジェクトのアニメーションをエフェクターで時間オフセットアニメーションする際、毎度忘れがちな事。

エフェクター側で時間をオフセットにするのは勿論なのですが、これだけだと、単にエフェクタによってアニメーションが設定数値分オフセットされるだけで、例えば-30Fオフセット設定したとしても30F経てばクローナーで複製された全オブジェクトがアニメーション開始されてしまう。

 

もしエフェクターの範囲に入ったらアニメーションスタートするような表現をしたいなら、大元のクローナー側でアニメーションを「固定」にしておかないとならない。「固定」にすることで、エフェクター範囲に入り時間オフセット効果が及ばない限りアニメーションが動作することはないようです。

 

 

当たり前のことなのですが、意外に忘れがちなのでメモしておきます。

ちなみに参考にさせていただいたのはEyedesynさんのこちらのチュートリアルです。

 

 

※追記 クローナーに入れるオブジェクトを、試しにアニメーション付きのalembic形式オブジェクトにすると、時間オフセットが効きませんでした。